シーラーニングではじめるスマホ授業。アクティブラーニング環境を実現します。
利用中の操作に関するご質問

小テスト機能とドリル機能の違いを教えてください

ドリルは隙間時間で繰り返し学習をしていただくためのものです。
たとえば、ドリル内には100問の問題をいれておいて、毎回ランダムに10問ずつを解かせる、ということが可能です。
先生側では、誰が何回そのドリルに挑戦したか、などが確認できます。
小テストは、授業の前後、10分程度でできる理解度チェックに利用されることが多く、ドリルはたくさんの問題を、学生のペースで勉強させたいときに利用されていることがほとんどです。

ドリルの小テストとの違い
-出題内容は学生ごとにランダム(設定で統一化も可能)
-一問一答形式(問題の都度正解・解説を表示)
-実施の実績(日時)と正答状況(何問正解した)のみを保存

新規登録すると 30 日間無料で全ての機能がお試しいただけます。

(学校の授業で使う場合はクイックアンケート機能は無期限で無料です)

30日間無料で試す