シーラーニングではじめるスマホ授業。アクティブラーニング環境を実現します。
利用中の操作に関するご質問

システムの特徴を教えてください。

AWSを利用したクラウドサービスです。
インターネットにつながる環境(ブラウザ)からであれば端末を選ばず利用できます。
C-Learningは大学や専門学校、高等学校、小中学校の講義、教務の運営、企業における研修など、それぞれの教育シーンに合わせてカスタマイズされています。
アクティブラーニングでの授業中の活性化や、授業外でのマイクロラーニング環境(動画や小テストを組み合わせた学習手法)が簡単に構築できます。

学校では・・・
①教務・授業運営の効率化
先生に1分でも早く教室に行ってもらえるように。
出席カードを配ったり、理解度テストを集計したり、レポート提出の催促をしたり、教材を配布したり。この運営側の面倒な時間がゼロになります。自動集計された受講生の学びのカルテは、学習履歴エビデンスにもなります。
②学生が意欲的に授業に参加
楽しくなければ授業じゃない。学生が主役の学び合いを。
学生のケータイ・スマホを学習端末として利用。授業中にすばやく意見を収集してクラス全体で共有したり、振り返りによって学びを深める協調学習の環境を簡単に作ることができます。
③授業の外でも続く学び合い
学生の行動変容を支援します。
アンケートでのミニレポート、ドリルでの隙間時間の活用、協働板でのグループ活動など、授業の外でも学生の活動を促進し、見守ることができます。教員からのコメントや連絡も即座にメール連携するので簡単です。

企業研修では・・・
①研修の効率化・質の向上
忙しい人材育成担当者の負担を軽減します。
研修参加にあたって事前に提出するアンケートまたはレポートを実施し、受講者状況を正確に把握した上で研修の運営ができます。事前学習やセルフトレーニング、また、教材倉庫を活用すればペーパーコストや印刷準備時間を削減し研修マテリアルの提供が可能です。
②スキル・理解度の向上
主体的な学びの場を実現します。
いつでもワンクリックでアンケートが実施でき、リアルタイムで受講者の理解度をチェックすることが可能です。アンケート結果を踏まえた講師からのフィードバックができ、スキルの習熟度向上につながります。シンプルなインターフェースなのでストレスがなく、受講者・講師共に研修内容に集中することができます。
③行動変容度の向上
研修終了後も続く学びの支援。
各種研修マテリアルを格納し、常時閲覧できる環境を構築することで学習項目の定着と活用の促進が可能です。全ての機能のアクセスログと結果が確認できるため、研修クオリティの向上に向けた改善や事例、ベストプラクティスの共有ができます。

新規登録すると 30 日間無料で全ての機能がお試しいただけます。

(学校の授業で使う場合はクイックアンケート機能は無期限で無料です)

30日間無料で試す